必見!資産管理術!貴金属の相続や買取で知っておきたいことがある

金などの相続税評価額は持ち主が亡くなった日に買取業者の価格をベースにして計算します。
金の買取価格は1gあたりで公表されているので、重量をかけた値が相続税の評価額になります。
金貨などの買取価格はサイズ毎に1枚あたりの金額が公表されていて、金地金の場合は貴金属業者の刻印があり買取価格は貴金属業者に問い合わせると良いでしょう。
海外の金貨も同じように買取価格に関して貴金属業者に確認することをおすすめします。
日本で発行された金貨は日本通貨になるので、相続税の評価は額面通り金額になります。
明治時代に発行された記念メダルなどは評価において「書画骨董品」扱いになるので、コイン買取業者の金額にして評価することができます。
コイン買取業者に持ち込むと気軽に査定してくれるでしょう。

ダイヤやジュエリーなどに関して貴金属業者の預かりサービスなどを利用していたり純金積立を利用していると、サービスを利用する貴金属業者に問い合わせてみると確認することができます。
税金は遺産総額に対し課税されるので、金以外の遺産額や相続人の数などによって税金の金額は異なり、金がいくらあれば税金はいくらというように明確に示すことは不可能になります。
基礎控除額があり、基礎控除額は3,000万円+600万円X人の数で計算される額で、基礎控除枠なら大丈夫ですが遺産総額がこの金額以上になると超えた分は税が課税されるので税務署にきちんと申請する必要があります。
税金は遺産が多いと税率が高くなり、相続人が法定分において取得した遺産の金額をベースに税額を計算するので、遺産総額が同じだと人数が多いと総額は低くなるでしょう。

金の仏像などを作ることで節税対策をしている人もいますが、非課税財産の一つに「祭祀財産」があります。
財産を祭祀財産の金の仏像に変えることで節税できるという考え方はリスクが高くなるでしょう。
日頃から金の仏像を祭祀の対象としていると非課税財産扱いになりますが、祭祀対象として不自然な場合は祭祀財産ではなく「一般財産」と見なされます。
一般財産になると相続税の課税対象いなり、金の仏像や加工費・美術品としての価値がプラスされるので、金に比べると割高になるでしょう。
貴金属の買取価格は、加工費は反映せずに金の重量分の価格となります。
美術品として売るなら価格はその時々に左右されるので、金の仏像は節税対策にはなりません。
相続対策として金の仏像を作ることはおすすめできないでしょう。
ダイヤのジュエリーや金は比較的安定しているので、世界的に見ても大きく値崩れしません。
金は不動産とは違い保有しているだけでは税金はかからないので、換金性に優れ遺産分割などに適しています。

自宅に金を管理するのが心配なら貸金庫や貴金属業者での預かりサービスを利用できます。
投資目的で金を集めている人もいて、自宅や貸金庫に金や金貨があると相続人は財産を見つけやすいですが、貴金属業者に預けていたり純金積み立ての場合は現物がないので相続人が財産を見つけるのは難しくなります。
相続対策として貴金属業者に金を預けていたり純金積み立てを行っていることをきちんと家族に伝えておくことが重要になります。
相続対策として金貨を生前贈与することもできます。
金を贈与した場合課税対象になりますが贈与される人の一人あたり年間110万円以下なら贈与税は不要になります。
生前贈与方法として少額の贈与を長期間にわたって続ける人もいますが、現金の代わりに金を贈与すると将来の値上がりが見込めます。
少額贈与する場合は200g程度の金がおすすめで、特に金貨には美しいデザインがあり贈る楽しみやもらう楽しみもあるので大切にするでしょう。
種類によって毎年デザインがアレンジするものもあり、年毎の贈与に向いています。
将来財産を整理する際、金はいざとなれば買取業者に売却すると資産になるので便利でしょう。

ページの先頭へ戻る