株取引で大事にする基本とは

株取引を始めたばかりの頃は、勝ったり負けたりを繰り返し一喜一憂していたはずです。経験を積み、利益も損失も出すものの合計して利益が上回るようになれば、初心者レベルは卒業したと言えます。しかし、その株取引になれてきたときこそ、基本を大事にしなければなりません。基本を疎かにすると足下をすくわれて成長の機会を失い、継続的に利益を出すトレーダーになることは出来ないのです。大事にする基本のひとつめは、株取引に十分な時間をかけるということです。時間をかけるとは、株式市場が開いている時間にパソコンの前に座っていることではなく、市場が閉じてからその日の取引を見直し、反省点を見いだすことです。利益を上げていても損失を出していても、その日の取引を見直さなければならないことに変わりはありません。どんな取引からでも学べることがあるため、毎日取引記録と向き合うことが大事です。損失を出したとしても再びトレードを行うことがふたつめの基本です。損失を出してしまうと気分が落ち込み、トレードをしてもまた損を出してしまうのではないかという恐怖心が生まれます。しかし、トレードを行わなければ利益も生まれません。勇気を出して恐怖心を克服し、再びトレードに取り組みましょう。みっつめの基本は、自分の能力を超えたトレーディングを避けることです。取引銘柄が多くなりすぎて管理しきれなかったり、自分が許容できる金額を超えてポジションを持ってしまうなど、トレードをコントロールできなくなるほどの株取引は避けるべきです。現在の保有銘柄や損益額、余剰資金などを把握できる範囲でトレーディングを行わなければなりません。基本を大事にすれば、一流のトレーダーに成長できるのです。

株取引におけるリスク管理とは?

株取引には3つのリスクがあります、まず値下がりリスクです。株価は常に上下しているので、一定の価値を持っていません。下落している時に売却すれば、値下がった分だけ損をします。次に流動性のリスクです。これは株を現金にするまでに発生するリスクで、売却しなければ現金化できないので儲けになりません。取引が少ない銘柄だと、安値でしか売却できないこともあります。また売却してから現金に変わるまでに4営業日かかります。そして倒産リスクです。銘柄を保有している会社が倒産すると、その株式は価値のないものに変わります。会社が絶対に倒産しないという保証はどこにもありません。これらの事態が起きても損失が最小限になるには、リスク管理が必要です。リスク管理でキーワードとなるのが、ポートフォリオです。一つの銘柄に資金を集中させるのではなく、いくつかの銘柄に分散させることで、損失を抑えます。ポートフォリオを組む時は、国内と海外の銘柄で分けることが多いです。海外には中国やアメリカ、新興国などたくさんの銘柄があります。日本の証券会社から購入する場合は、中国やアメリカが中心となります。ただしリスク管理をするために海外に目を向けても、海外の銘柄をよく知らないことも多いです。株取引では会社の運営状況や社会情勢など、たくさんの情報を元に行われます。海外の銘柄はその国の人は運用しやすいですが、日本人は先手を取られる可能性が高いです。そこで海外の銘柄は投資信託に任せます。投資信託では投資のプロが自由に運用するため、自分で取引を考えなくて良いです。投資信託では株価上昇が見込まれる新興国など多くの選択肢があり、インターネットで管理でき便利です。

株取引でありがちなミスとは

株取引を行っている多くの個人投資家が思わずやってしまうありがちなミスというものがあります。株取引において、ミスは自分の資金を減らすことに直結する重大なもので、何度かミスを続けてしまうと資金不足によって取引を続行できない危険性があるほどなのです。ありがちなミスを事前に知っておくことで、ミスすることを防げるのです。最もありがちなミスは、単純な操作ミスです。以前は株の注文は電話や対面で声に出して行っていたため、発注のミスはあり得ませんでした。しかし、現在は全てパソコンやスマートフォンで注文を出すようになったことで操作ミスが起きやすくなっているのです。買いと売りを間違えたり、売り注文を出すときに桁数を間違えて全てのポジションを売却できないなど、人為的なミスによって損失を発生させてしまうことがあります。株取引はスピードが大事になる場面もありますが、操作には細心の注意を払いましょう。初心者にありがちなミスが、少ない資金で株取引を始め、一財産を築こうとすることです。確かに株取引は他では考えられない金額を稼げる可能性がありますが、資金が少なければわずかな損失すら許されず、何度も連続して取引を成功をさせなければならないということです。損失を出さずに利益を出し続けるのはベテランでも困難で、初心者であれば小さな損を出し続けてあっという間に資金が枯渇します。最初の資金は、十分な金額を用意するべきなのです。そして、自分でも気付かないミスが成功体験を忘れられないことです。過去に成功した取引があり、その手法にばかりこだわってしまうのです。株式市場の状況は刻一刻と変化し、過去に成功した手法でも通用しなくなることは日常茶飯事です。常に自分の手法を見直し、市場状況に適応させていかなければならないのです。

↓旬の注目株情報をお届けします
今が旬の注目株
↓株全般の情報や口コミならここで確認しましょう
投資顧問の口コミ

ページの先頭へ戻る